Timee(タイミー)で100時間働いた実体験エピソード①

タイミー

Timee(タイミー)を使い出して間もない人のこれって普通なの??

といった疑問に体験談ベースでお答えします。

この記事でタイミーを利用していて疑問に思ったことがわかります。

※飲食店にしか行ってないので、

Timee(タイミー)で飲食店に行く予定の人はチェックしてみて下さい。

 

めぐ
めぐ

飲食店で、色々なことがあったからこれ見て参考にしてね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Timee(タイミー)とは

 

スキマ時間に面接なしですぐ働くことができるスキマアプリで、

働いて欲しい「雇用側」と働きたい「労働者」を繋ぐマッチングサービスです。

※Timee(タイミー)詳しい記事はこちら

・Timee(タイミー)って何?メリットやデメリットを紹介

 

あると便利な持ち物を紹介

 

めぐ
めぐ

持っていくと便利なものを紹介しますね!

あると便利!

・ボールペン

・メモ

・黒のズボン

・コックシューズ(黒の靴)

 

記載がなくても持っていくようにすると、

お店側に対して好感度が上がる気がします。

「準備いいね!」って言ってくれたことがあります。

お店側に余計な手間をかけないようにすることも大切です!

 

スポンサーリンク

 

100時間働いてた実体験エピソードを紹介

 

本当にあったことを実体験をエピソードとして、

①②③に分けてお届けします!

実際に100時間達成した時のツイートがこちらです。

 

めぐ
めぐ

これから紹介するエピソードでどんな仕事内容なのかイメージできると思います!

 

 

 

①業務内容通りのお店 8割

 

業務内容通りのお店が8割です。

ですので、事前にタイミーで募集されている業務内容を

しっかり読んでから応募するようにしましょう。

たまに口コミで、

 

ホールで募集していたのに、洗い場だけだった!

 

という内容が記載されていますが、今まで体験してきた中で

業務内容と違ったということがありませんでした。

 

「ホール業務」から「洗い場業務」に変わっても

特に難しいことはありません。

安心して申し込むをしても良いと思います。

 

めぐ
めぐ

日雇いなので、簡単な作業が多いです!

スポンサーリンク

 

②何も教えてくれないお店 3割

 

このタイプのお店に、たまに当たります。

ですが、こちらから、

 

ポイント

①卓番

②メニューの取り方

③バッシングの動線

 

を聞くようにすれば教えてくれます。

日雇いなので、しっかり教えてくれるお店ばかりではありません。

 

めぐ
めぐ

仕事を教えてもらう、指示待ち(受け身)ではなく、

自分から聞くことが大切です!

 

聞いてなくてミスして怒られてしまうより、

疑問点をしっかり質問して、

作業できるようにしておくようにしましょう。

 

③キッチンスタッフに癖があるお店は要注意

 

「キッチンスタッフが癖が強いと働きにくい環境」

 

これは、他の店舗で会話をしているときに、

働きやすいお店か見極めるポイントとして

教えてもらったことです。

 

理由は、ホールスタッフは、

お客さんのわがままに対して対応したりしますが、

キッチンスタッフは、

自分の世界で好きなように仕事を進めれるため、

癖が強くなってしまうとのこと

 

めぐ
めぐ

Timee(タイミー)で体験して、良い職場を探す一つの目安としてみるのもありだね。

 

スポンサーリンク

 

④ハンディーを使うお店が多い

 

こちらは、業務内容に記載がないかもしれませんが、

飲食店のほとんどはハンディーでオーダーを取るところが多いです。

また、ス マ ホ ア プ リ でオーダーをとる店もあり、店によるので、

勉強だと思って進んで取り組んだ方が良いです!

 

また、ラーメン屋さんは食券が多いです。

たまにハンディーやスマホアプリでオーダーを取るお店があったので、いろんな店舗でハンディーの練習をしておいた方が良いです。

 

めぐ
めぐ

ハンディー をはい!って渡されることも多々あるよ笑

 

 

 

⑤忙し過ぎて残業を依頼された話

 

22時までの業務の予定だったが、

忙し過ぎて残業をお願いされたことがあります。

基本は、ピッタリに上がれますがイレギュラーもあります

 

めぐ
めぐ

残業をお願いされたら、

「電車の時間」や「自分の予定」

と相談して返答する良いと思います。

 

私の場合は終電の時間までに、

時間があったことや1時間伸びても大丈夫だったので、

残業しました。その後に、

「助かりました!また来てね。」

と言ってくださったので、よかったなぁって思いました。

 

実体験エピソードは、13話予定していて、

長くなりそうなので今回はこの辺で!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、タイミーで本当にあった話を実体験エピソードとして紹介しました。

 

実体験エピソードのポイント

8割は業務内容通り

2割は何も教えてくれない

ハンディーを使うことが多い

忙しすぎると残業もあり

 

でも、良い店が多く嫌な思いをした!

ということはほとんどありませんでした。

 

めぐ
めぐ

いろんなことを経験できるので、Timee(タイミー)を利用してみてもいいね!

 

100時間実体験エピソード②

100時間実体験エピソード③

200時間突破!体験談①